7月になってしまい、もう半年が過ぎてしまったとびっくり。
6月に毎日散歩しようと思ったのに、みごとに三日坊主で終わってしまった。
そんなある日の、近くの朝の景色。
こんな花々を見て、毎日歩くのもいいなと思ったのだけれど、暑い日もあり、ちゃっかり横浜駅まで歩いて、あとは駅構内の涼しい地下街を歩きまわった日も。地下街散歩なら夏も熱中症の心配がないと悟った。地下街は広い。通勤客が少なくなった10時過ぎから正午頃までがいい。地下街でも7000歩はいけた。

1〜2枚目、夏椿。日本では沙羅双樹の花と言われるけれど、それとは実際は別物。
3〜4枚目、エゴノキの実も、こんなに立派になった。
5〜6枚目、セアノサスか。よくわからない。好きな色なので写した。
以下、ヘメロカリス、昼顔、黄色は未央柳(ビヨウヤナギ)。
13〜14枚目は虎杖(イタドリ)の花なのか、この手のものはさっぱりわからない。
15枚目、ランタナと鳩。
16〜17枚目、その色から琉球朝顔かと思ったけれど、葉は普通の朝顔のよう。
主に石崎川に沿って歩いた。
19〜20枚目、忍冬(スイカズラ)の花がかろうじて残っていた。
あとは額紫陽花、山梔子(クチナシ)、紫陽花。
この日は1時間弱で9000歩。

DSC07220_RDSC06919_R









DSC07219_RDSC07218_R









DSC07221_RDSC07222_R
DSC06924_RDSC06923_R
DSC06920_RDSC06921_R
DSC06922_RDSC06930_R
DSC06915_R
DSC06914_R
DSC06911_R
DSC06917_R
DSC06916_R
DSC06918_R
DSC06926_R
DSC06925_R


DSC06927_RDSC06928_R
DSC06929_RDSC06931_R


DSC06913_R
DSC06912_R