長谷寺の後に光則寺は決まりのコース。どちらも花の寺
1枚目は長谷寺の手前の宿、対僊閣にいつも飾られている季節の花。今回は芒(ススキ)、杜鵑(ホトトギス)、猩猩草(ショウジョウソウ)。
2〜4光則寺山門。5枚目、本堂。6枚目、三椏(ミツマタ)のつぼみもこんなになってきた。咲くのは来年の3〜4月頃。
7枚目、吾亦紅(ワレモコウ)。8枚目、山茶花(サザンカ)。9枚目、黄実の千両(センリョウ)。
10枚目から、2種類の杜鵑(ホトトギス)が一緒に咲いていた。
DSCF6328_RDSCF6330_RDSCF6344_R









DSCF6335_RDSCF6341_RDSCF6336_R









DSCF6334_RDSCF6332_RDSCF6343_R









DSCF6339_RDSCF6338_RDSCF6340_R