このあたりの金木犀(キンモクセイ)は9月に終わっていた。一瞬だなと思っていたら、10月に入って、また咲いていてびっくり。
イングリッシュガーデンで甘い香りに気づいてあたりを見まわすと、金木犀がたくさんの花をつけていた。地植えなので温室で温度調節したものではないのにと思い、それより、9月にびっしりと花をつけていたのも見ている。
ガーデンを出ると住宅展示場の金木犀も満開。近所でも満開。
それで調べてみたら、以前は年に2度咲く金木犀があると不思議がられていたのに、今では9月に咲き終わって、また10月に咲く2度咲きが多くなり、温暖化のせいではないかと言われているとか。
金木犀に限らず、多くの花が季節通りに咲かなくなっている。躑躅(ツツジ)の戻り花は有名だけれど、今では年中咲いている。先月はいきなり近所の山法師(ヤマボウシ)が咲きだし、びっくり。他にも早々と咲き出す春の花もあれば、終わっていい花が咲き続けていたり、咲く時期がずれていたりと、日本の四季の危機。日本と言うより世界の危機なのだけれど。
DSCF6070_RDSCF6071_RDSCF6086_R









DSCF6072_RDSCF6085_R