ここの白い彼岸花を見たいと前回訪ねたのは9月6日。その時はまだ1本も咲いていなかったのに、3週間過ぎて行くと、すべて終わり、1本も咲いていなかった。萩の寺としても有名で、今は萩が真っ盛り。白萩が大半。
ここは鎌倉幕府終焉の地で、元々は執権北条氏の邸宅跡。鶴岡八幡宮の源氏池の白蓮、ここの白萩や白い彼岸花も、源氏が白旗だったことで、供養の意味もあるのだろう。
1〜4枚目、本堂。5枚目、本堂横の水琴窟。今までの音と少し違うようで気になった。
10〜12枚目、本堂横の椿の木に台湾リスがいて、とても大きな椿の実をゴリゴリと音を立ててかじっていた。椿の実までかじるのかと驚いた。以前、鶴岡八幡宮で、大きな夏みかんのような実に頭を突っ込んで食べていたことがあった。可愛いけれど害獣になっている。
いちばん最後は杜鵑(ホトトギス)。
DSCF5923_RDSCF5925_RDSCF5929_R









DSCF5926_RDSCF5927_RDSCF5921_R









DSCF5924_RDSCF5932_RDSCF5936_R










DSCF5905_RDSCF5907_RDSCF5916_R









DSCF5912_RDSCF5922_RDSCF5920_R