1枚目、昨日載せた赤レンガ館の見える新港中央広場を出る時、緑の箒草(ホウキグサ)。コキアとも。これから真っ赤に色づいていく。
2枚目、1枚目を背中に、みなとみらいの方角には光の空間がある横浜国際船員センター「ナビオス横浜」。『赤レンガ倉庫と汽車道を繋ぐ通景空間を確保するため、門型の構えをした特徴的な建物』との説明。
3枚目、新港中央広場からナビオス横浜に向かう十字路。ここを横断して4〜5枚目のナビオス横浜へ。中央を走っているのが汽車道線路の跡。光の空間の正面には70階建てのランドマークタワー。5枚目は振り返って写しているので、遠くに赤レンガ館が写っている。
7枚目から、空中には都市型ロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN(ヨコハマ・エア・キャビン)」。今年4月22日から運行を開始したばかり。「桜木町駅前」から「みなとみらい21 新港地区」まで全長約630mの空中散歩、5分間で大人千円。金額が高いし、歩いた方が早いと思うけれど、観光客はみなとみらいが楽しめていいかもしれない。車いすやベビーカーのままでも乗車可能。
九州の友達がこれに乗りたいと言っていたので、上手く撮れていないけれど載せてみた。
DSCF5689_RDSCF5688_R











DSCF5690_RDSCF5691_RDSCF5693_R










DSCF5695_RDSCF5692_RDSCF5696_R











DSCF5699_RDSCF5700_R