円覚寺はまたにして、今日はその次に行った東慶寺。
1〜6枚目、かつて女人救済の縁切り寺(駆込み寺)だった東慶寺は、梅も有名。紅白梅が見事。
7〜8枚目、石段より手前の山門へ続く参道では、山茱萸(サンシュユ)も今は花盛り。9枚目、ピンボケだけれど、いかに咲き誇っているかわかるかと、あえて載せてみた。
ここに3人の小母様がいて、ひとりが「これはミツマタ。コウゾ・ミツマタって、あのミツマタよ」「ふうん」と他のふたり。私は内心、(違います。山茱萸です。ミツマタの花と見た目も大きさもまったく違います)と言いたかったけれど、自信たっぷりに説明している小母様のプライドを傷つけるとまずいかもしれないと思ったし、あとのふたりも、この花を次に見て、これはミツマタだと記憶しているとは思えず、ま、いいかと。
「これ何かしら」と言っている人にはしゃしゃり出るけれど、そうでなければ、年齢とか雰囲気を考慮して行動しなければならない(笑)。
DSCF1049_RDSCF1056_R











DSCF1050_RDSCF1054_R











DSCF1057_RDSCF1058_R











DSCF1088_RDSCF1095_RDSCF1061_R