1〜2枚目、寒々としたイングリッシュガーデンの景色だけれど、冬桜は3種類ほど咲いている。
3枚目、子福桜(コフクザクラ)。10月上旬〜3月上旬まで咲き続ける。イングリッシュガーデンの子福桜も、まだ少し花がついているものの、盛りは過ぎてしまったよう。そして、写真を写すには花が小さすぎ、枝も高いので、11月末に京都府立植物園で写したものを、かわりに載せてみた。
花一輪につき2〜3個のサクランボが生るので、子宝に恵まれるということで「子福桜」と名付けられたとか。
支那実桜(シナミザクラ)と)十月桜(ジュウガツザクラ)を交配させたものらしい。
4〜5枚目、ガーデン外の住宅展示場で、細葉柊南天(ホソバヒイラギナンテン)の花と実。
DSCF0575_RDSCF0551_R











DSCF0172_R











DSCF0619_RDSCF0618_R