クリスマス・イブ。今年はコロナ拡大のため、例年より静かだろう。
マンションのロビーにはいつものようにクリスマスツリーが飾られているけれど、外の木々のイルミネーションは今年は1本のみで淋しい。
ポインセチアを戴いた。とても立派なもの。これが木とは知らなかった。3〜5メートルくらいになるらしい。ただ、日本で売られている鉢植えは大きくならないように施してあるらしく、植物園などでしか大きなものは見られないらしい。
2枚目のポインセチアの後ろは、やけに元気に育っているトックリヤシのポニーテール。左側の植物は、去年10月にバースデープレゼントで戴いた花束に入っていた添えの緑。ドラセナだろう。水栽培の後に根が出て来たので鉢に植え替え、順調に育っている。こうして買わなくても新たな鉢が増えていく(笑)。
3枚目、寝室のベンジャミンをリビングに持ってきた。その向こうにみなとみらいの高層ビル群。
4〜5枚目、知り合いから熊本の晩白柚(バンペイユ)が送られてきた。世界一大きな柑橘類とも言われていて、私の頭より大きい特大で、ひとつ2キロ! これがふたつ入っていた。中の実の袋ひとつが掌に載せると一杯になるほど。とても美味しい。皮も相当の量。半分の1キロは皮かもしれない。苦みがあるので熱湯に酢を入れて茹で、水で洗い、これを2〜3回繰り返し、その後、蜂蜜、オリゴ糖などを入れて甘く煮た。量が多いので大半は冷凍に。少しずつ戴くつもり。バンペイユは捨てるところなしと言われていて、血液さらさらにしてくれ、整腸作用もある。
一緒に写した蜜柑は弟から1箱、林檎は姉から1箱送られてきたもの。晩白柚との大きさを比べるとために載せてみた。これだけで幸せ。
6枚目、ポインセチアの花。7枚目、大雪の地域もあるのに、まだほとんど雪を被っていない富士山を室内から。
DSCF0480_RDSCF0487_RDSCF0483_R











DSCF0490_RDSCF0478_R











DSCF0469_RDSCF0497_R