今回の京都でいちばん訪ねたかったのは、今日載せる梅宮(うめのみや)大社と、すでに載せた奥嵯峨の愛宕(おたぎ)念仏寺だった。
梅宮大社は猫好きにとってはたまらない神社。京都駅からバスにした。
名前のとおり梅が素晴らしいだけでなく、桜に躑躅(ツツジ)、杜若(カキツバタ)、紫陽花、紅葉と、年中、楽しめるところ。
歴史は奈良時代に遡り、日本最古の酒造の神様で、他に子授・安産の御利益でも有名。
今はここで飼われている多くの猫で有名になり、この日も猫好きが写真を熱心に撮っていた。
4枚目、左側社務所受付に、さっそく猫ちゃん。この猫は人なつこくて、5〜6枚目のように猫好き女性の膝にちゃっかりと座ってお昼寝を始めたので、この女性、動けなくなって困っていた。
7〜9枚目、なかなか美形の猫ちゃん。可愛い表情をしてくれた。
10〜12枚目の白い猫は人見知りして寄ってこない。隙あらば社務所に入れてもらおうとしていたものの入れてもらえず、最後はみんなにお尻を向けてしまった(笑)。
ここの猫は社務所に入りたがり、入ってしまうと抱えて外に出される。その光景も人気のひとつ。
今回は4匹しか出ていなかったのでちょっと残念。
猫の写真で有名な岩合光昭さんが1年を通してここの猫を写しているテレビ番組で、神社の四季の移り変わりも素晴らしく、私は2回も見てしまった。岩合さんはそれだけ通っているので、今いる14匹の猫の名前や性別はすべて覚えているとか。
明日は、ここの神苑を。
DSCF9587_RDSCF9588_R











DSCF9590_RDSCF9589_R











DSCF9632_RDSCF9630_R











DSCF9631_RDSCF9628_RDSCF9629_R










DSCF9591_RDSCF9592_RDSCF9633_R











DSCF9593_RDSCF9627_R