龍安寺から、京都の旅、最後の仁和寺へ。
特別拝観で、観音堂内部が見られて嬉しかった。今年の夏も1カ月半ほど、特別拝観があったので、また拝見できるだろう。本尊の千手観音菩薩立像を中心に、両脇には不動明王と降三世(ごうざんぜ)明王立像。そして二十八部衆立像など、33体の仏像が圧巻なだけでなく、壁画も素晴らしかった。撮影禁止なので、ご覧になりたい方は是非、次の特別拝観の時にどうぞ。
1枚目、仁王門。2枚目、仁王門から朱塗りの中門を。
3枚目、御殿入口の本坊表門。その向こうに1枚目の山門が見える。
4枚目、以前、真夏の暑い時、蓮で有名な法金剛院から歩いたせいか、姉は気分が悪くなり、しばらくこの縁側で休んでいた忘れられない場所。地面も散り紅葉できれいだった。
5枚目、御殿の池を配した北庭。ここから五重塔が見えるように造られている。6枚目、アップで映しているけれど、実は御殿は去年の台風で宸殿の被害が大きかったらしく、皮葺屋根の葺き替え工事中で、残念ながら、足場が組まれている。ただし、白書院や黒書院など、すべて拝見できるようになっている。
7〜8枚目、五重塔。9枚目、勅使門の一部。細かい彫刻が素晴らしい。
10〜12枚目、金堂。
13枚目、藪椿。14枚目、季節外れの満開の三つ葉躑躅(ミツバツツジ)に驚いた。ボケているけれど珍しいので載せてみた。
DSCF3440_RDSCF3432_R











DSCF3434_RDSCF3437_R











DSCF3438_RDSCF3439_R











DSCF3444_RDSCF3443_R











DSCF3441_RDSCF3449_R











DSCF3452_RDSCF3448_R











DSCF3457_RBlogPaint