1枚目、新宿御苑で、大木に絡まって紅葉していた蔦(ツタ)。こういう景色に魅せられる。
2枚目、新宿御苑を出て新宿駅に向かう道すがら、亜米利加犬酸漿(アメリカイヌホオズキ)の花。
あちこちで見かける花だけれど、ナス科ナス属なので茄子(ナス)に似ている。酸漿(ホオズキ)はナス科ホオズキ属。
この花を見ると、どうしてもナスビという名前が先に出てきてしまい、悪茄子 (ワルナスビ)の名前が出てくる。、悪茄子には白花しかなかったと思う。そして、葉っぱも違う。花は似たものが多く、それだけ名前も複雑になるので混乱してしまう。歳を重ねるたびに、ますます混乱してしまいそう。
3枚目以降は、今月初めの横浜イングリッシュガーデンの薔薇。
DSCF2754_RDSCF2762_R











*****
DSCF2305_RDSCF2368_R









DSCF2348_RDSCF2343_R











DSCF2288_R
DSCF2286_R