全体を大まかに見ていた時は、さほど興味がなかった百日紅(サルスベリ)の花。今は好きな花に。
星形の6片の萼(がく)。そこから出ている6枚の花びらが面白い。長い柄があって縮れた花。最初はこれは花ではなく、萼かと思っていた。黄色いたくさんの雄しべの葯(やく)。そこから長く伸びている6本の雄しべ。わかりにくいけれど、1枚目のピンクの花の右上に向かってひときわ長く伸びているのが雌しべ。
BlogPaintDSCF1516_R









DSCF1517_RDSCF1536_R









DSCF1533_RDSCF1535_R