8月が終わる。かなり暑かった。ほとんど外に出なかった気がする。
1枚目、八重の桔梗(キキョウ)がまだ咲いていた。ずっと以前、桔梗は秋の花とばかり思っていた。それが、京都、紫式部の邸宅跡という桔梗の寺、廬山寺(ろざんじ)に行くようになって、真夏の花と気づいた。花期は6月〜8月。それでも、今も夏の花というには違和感を感じてしまうのはどうしてだろう。
2枚目、秋海棠(シュウカイドウ)のつぼみを見つけ、やはり秋になるのだと思った。
秋海棠を見ると、どこにでもあるものの、大原の三千院あたりが目に浮かぶ。津川での群生。実光院の庭に咲く花……。考えるだけで行きたくてウズウズしてくる。
3〜4枚目、イネ科、ペニセタム属。その下の名前があるはずだけれど、不明。
DSCF1532_RDSCF1527_R









DSCF1484_RDSCF1483_R