また異常な大雨が長崎などを襲っている。
女子校時代のクラスメイトが長崎の上五島町に住んでいるけれど、昨日は、24時間で350ミリ以上の豪雨に見舞われ、警戒レベルが最高の5と知り、心配した。夜には解除でほっとしたけれど、地盤がゆるんでいるはずで、まだまだ心配は尽きない。
最近は、「観測史上始まって以来」という言葉が続く。「かつて経験したことがないほどの」という言葉も、頻繁に耳にするようになった。自然災害は日々深刻になっていくだけだろうか。

1〜2枚目、あまり見ない形。ヘメロカリスの「大風車」に似ているけれど、それなのかどうかわからない。
3〜4枚目、クレマチス。
5〜6枚目、印度浜木綿(インドハマユウ)。正しくはアフリカ浜木綿らしい。
この花はなかなか上手く撮れない。鎌倉の大巧寺(だいぎょうじ)などでも毎年撮るのに載せなかったり。すると、この花の写真を撮るのは難しいという人のブログがたまたま目に入り、なるほどと。つまり、この花は次々と咲くものの、すぐに終わってしまい、綺麗に咲いている花の周辺の枯れた花が画面に入ってしまい、美しい部分だけを切り取るのは難しいと。言われてみれば確かにそう。
4枚目のこちらを向いている花の下の終わったものがガーデンの人によって手入れされ、きれいに処分されているので、今回、何とか枯れているものが画面に入らずにすんだよう。それに、白い花も私は苦手。白い花を写すのは難しい。
DSCF1193_RDSCF1194_R









DSCF1278_RDSCF1277_R









DSCF1257_RDSCF1256_R