平成も今日で終わる。その時に生まれた赤ちゃん達も、すでに30歳。結婚して子供のいる人も多く、時の流れは速い。
平成天皇皇后は、何と素晴らしい人柄だろう。高貴な身分と言うより、高貴な魂の御方と言いたい。
どれほど人々に力を与え、心を癒し、感動を与えて下さったことか。
天皇皇后のお姿をテレビなどで拝見することが少なくなるのは淋しいけれど、おふたりには余生をゆっくりとお過ごし戴きたい。あまりにも多忙な人生だったと思う。ただただ感謝。平成天皇皇后と同じ時代に生きられたことを幸せに思う。
そして、私は平成元年3月に処女作を出版し、奇跡的に30年間、作品を発表することができた。そのことにも感謝。
今日と明日は特別な1日の気がする。多くの人がそうだろう。

1枚目、3日前の鎌倉長谷寺の本堂を背景に、いちばん綺麗な時期の藤。
2〜3枚目、山門を入って左手の池の袂の藤。
4枚目、大黒堂手前、人気のなごみ地蔵。
鎌倉に行く車中で雨になり、着いた時は本降り。雨の鎌倉だった。                     
DSCF9001_R















DSCF8953_R















DSCF8956_R















DSCF9019_R















*****
最後の1枚は今月中旬のガーデンの景色を。手前はクラブアップルの花。遠くのピンクは終わりゆく桜。
好きな風景なので、平成の最後の日に。
DSCF8365_R