昨日の鉄の彫刻展、賑わっていた。
姉と甥と私と先に行き、後で静岡、愛知から3人やって来た。
展示場で1時間以上、フィンランド組は安斉氏と話が弾んでいた。
去年、フィンランドの会場で初めて作品と出会って感動した人達なので、話も弾むはず。
ひとりは日本でも目にしたことがあり、その時から心惹かれていたとのことで、フィンランドで気に入った作品が、今回展示されていなかったので、これから作ってもらうことにして注文していた。
奥様は急の用事で来られなくなったとのことで残念。いらっしゃる日に時間があれば、また行くことに。
今日は時間がなく、作品はこれだけにして、また明日にでも。
鉄なのに、実に緻密。
DSCF6681_RDSCF6682_RDSCF6679_R







DSCF6689_RDSCF6685_R