少しは気温が下がっているものの、まだ残暑は続きそう。
このいつにない猛暑の夏に、九州に住む姉の友達のお姉さん(70歳過ぎ)はひとり暮らしでエアコンを入れず、子供達も入れるように言っても駄目だとか。命にかかわる暑さだからエアコンを入れるようにと、テレビでもしょっちゅう注意喚起していたのに、いくら言っても聞かない人はどうしようもない。この暑さで免疫力もどんどん落ちるようだし、他の病気まで出てくるかもしれない危惧など考えもしないらしい。
年寄りは我慢強いと言うけれど、我慢強いのではなく、鈍感になっていて暑さを感じなくなっているだけとか。
岐阜のエアコンが壊れていたという病院で、次々と4人も亡くなったと聞き、唖然。命取りの暑さと言っているのに病院がそんなことでは。なぜエアコンのある施設に移したりしなかったのだろう。扇風機など生温かい空気を掻きまわすだけであまり意味はない。
病院側は対応に問題はなかったと言っているけれど、エアコンなしで30度を超える暑さの部屋に患者を置いておくだけでも殺人のようなものでは。

1枚目、大方丈近くで百日紅(サルスベリ)。2枚目、紫色が綺麗な紫紺野牡丹(シコンノボタン)。
3枚目、大好きな黒椿の実。落ちているのがないかと地面を眺めたけれど、残念ながらなし。
4枚目、仏殿前で高砂百合(タカサゴユリ)。
DSCF4405_RDSCF4407_R









DSCF4406_RDSCF4408_R