昨日あまりに暖かく、また歩きたくなり、港の見える丘公園まで行った。
横浜で暮らし始めて来月で13年になるというのに、みなとみらい方面は部屋から眺めるだけでほとんど行かないので、何と電車の乗り場を2度も間違い、まず地下鉄の改札に入って払い戻してもらい、次はJRに入って、また払い戻してもらい、やっとみなとみらい線に辿り着いた。いつも横浜駅の地下は歩いているのに、すっかり乗り方を忘れていた。我ながら呆れてしまった。
部屋を出て20分もあればで着くところなのに、駅でもたもたしていたので45分もかかってしまった。
もっと暖かくなったら、横浜を歩かなければ。今から付き添いがいるようでは大変。
元町・横浜中華街駅を降りれば港の見える公園はすぐ。花がたくさんあってほっとした。
大佛次郎記念館があるので入った。建物の前でカップルの男性が「だいぶつじろう記念館だって」と言ったけれど、女性も何も言わず、おさらぎじろうですと言いたかったけれど男性が恥を掻くといけないのでそのままにした。教えた方がよかっただろうか……。
1万3千歩。歩くのは楽勝。

1〜2枚目、横浜イングリッシュガーデンでは、ピンク猫柳(ピンクネコヤナギ)も出てきた。
ピンク色のホワホワした猫柳は可愛い。しばらくするとピンク色は消えるので、見逃すと残念。
黒猫柳(クロネコヤナギ)というのもあって黒いのだけれど、見た記憶がない。
3〜4枚目、クロッカスも咲き始めた。土の中から顔を出してくる花たちを発見すると心が弾む。
DSCF1157_RDSCF1156_R







DSCF1173_RDSCF1174_R