2日目の朝、マタギの湯を出て、阿仁マタギ駅から10時20分発の電車で阿仁合(あにあい)駅へ。1時間半後の電車に乗れば、1本で秋田内陸縦断鉄道終点の鷹巣(たかのす)に行けるものの、それに乗るまでの時間、雪の中、行くところもなく、チェックアウトは10時ということで、阿仁合まで行き、鷹巣行きの電車が来るまで1時間半ほどあり、そこで昼食を摂ることに。
1枚目、出発の時の阿仁マタギ駅。2枚目、雪まみれの電車がやって来た。
DSCF0801_RDSCF0803_R







3〜4枚目、車内からの写真は大失敗。悔しいけれど、内と外の温度差でガラス窓が曇っていた。内側は拭けても、外側の曇りにはお手上げ。4枚目の絶景と言われる大又川橋梁にさしかかると運転手さんが停まってくれたのに(最大限の徐行だっただろうか)残念。ここはポスターなどにもよく使われるらしい。
DSCF0806_RDSCF0810_R







5枚目、阿仁合駅に着いたものの、工事中のようで、仮店舗などがあり、まずは出てすぐの内陸線資料館に入った。お土産売り場、案内所などがあり、椅子もたくさんあって暖まることができるようになっていた。
6枚目、駅の前は雪が山のよう。
駅構内は改装中のため、構内レストラン「こぐま亭」は今、仮店舗としてやっていて狭かったけれど、美味しかった。東京の老舗レストランで料理長を務めたシェフがやってらっしゃるそうで、なるほどと思った。美味しくて安かった。今回の旅行では、食べてしまってから、料理の写真を撮り忘れた……と気づくことが多かった。
DSCF0814_RDSCF0816_R