私にもついにオレオレ詐欺の電話がかかってきた。昨夜の22時直前だったので、こんな時間に誰かと思ったら男の声。「明日、近くに行くから寄ろうかと思って。家にいるかな」と。聞き覚えのない声だったけれど、声から想像して甥っ子ぐらいかと。しかし、「誰?」と聞くと「えっ?」と言われ、「おばさんでしょ?」と。わかってなかったの?というような、意外だという調子。私が甥の名を言うと、「そう」と。そして「風邪を引いてるから」と。いつもテレビでやってるので、来ました、風邪! と思ってしまった。
先日、実家に顔を出したばかりの甥なので「こないだ帰ったんだってね」と言うと、「ああ。いつも迷惑かけてすみません」と、ちぐはぐな言葉。だいたい甥なら、よほどのことがない限り、そんな遅い時間に掛けてきたりしないし、もっと丁寧な言葉遣い。こんな言葉は使わないなと思う単語が入っていたりで、もう完全におかしいとわかっている私と、うまく騙していると勘違いしている相手。
「明日、昼頃には行けると思う。何か買っていくものある? 買っていくから」「何もいらないけど」「わかった。で、明日、誰かいる?」と、誰かいるかどうかの確認もさり気なくされた。「いるけど」と言うと「誰?」と聞くので「誰って?」と、わかってるじゃないと言うように、わざと逆に言ってやった。警察署長の旦那さんと、警察に勤めている息子とでも言えば面白かったかなとか、後で思うこと。
どこまでも甥を演じ続ける男は、「じゃあ、明日の午前中にまた電話するから」と言って切れたけれど、人がいるならまずいと思うだろうか。
すぐに甥に電話。甥と違うケイタイ番号だったので、それもおかしいと思ったわけだけれど、甥が、電話なんかしてないよと。一応確かめて、やっぱりと。
初オレオレ詐欺からの電話。こんなのに引っかかる人がいるとは。話していればおかしいとわかるはず。
引っかかった振りをして警察と一緒に捕まえるというのがあるけれど、まあ、危険なことはよして、今日は受信拒否にしておこうか。しかし、別のケイタイから掛かってくるかもしれないし、どうしたものかと思案中。
もし今日、電話が掛かってくるなら、行くつもりが途中で事故を起こしてお金がいるとか、お金を引き出す言葉を切羽詰まった口調で話すのだろう。痴漢に間違われて、相手にお金を払わないと警察に連れて行かれると言うかもしれない。どんな言葉で騙すつもりだろう。モノカキなので、あれこれ考えてしまう。
それはともかく、働かないで人の金を騙し取る悪党は許せない。皆さんもご注意を。

近所を歩いていると、あちこちから金木犀(キンモクセイ)の香りが漂ってくる。何千何万もの密生した花。落花して黄色く染まる地面も風情がある。
3枚目、イチゴの木の花も咲き始めている。4枚目の実はまだ青い。これからまっ赤になっていくのが楽しみ。実は去年の花が結実したもの。今咲いている花は、来年、実をつける。
DSCF9827_RDSCF9828_R






DSCF9829_RDSCF9725_R