尾道の知り合いと会うことになっていたけれど、欲を出して因島の五百羅漢も見ていくことにした。
今回の旅行では、赤い彼岸花より白い彼岸花がやけに多かった。ここでは白の彼岸花しか見当たらなかった。
五百羅漢は標高227メートルの白滝山にある。因島、村上水軍6代当主の村上吉充(むらかみよしみつ)が観音堂を建立し、その後、ここに住む柏原伝六とその弟子達によって造られたという700体の石仏が並んでいる。
2枚目、まずは足元のいい道を出発。3枚目、櫨(ハゼ)の葉も色づき始めていた。
マンションから見えるみなとみらいのランドマークタワーは296メートル。白滝山はそれよりずっと低い227メートルの山とはいえ、都会と違い、四方八方、景色を遮るものは何もない。360度、見晴らしがいいことでも有名な山だけに、夕日スポットでもあるらしい。瀬戸内海と島々が一望できた。
DSCF9590_RDSCF9591_RDSCF9594_R






DSCF9617_RDSCF9615_RDSCF9596_R






DSCF9599_RDSCF9606_R