昨夜は零時前に横になったのに、今日に日が変わる寸前に地震があり、寝入ったばかりなのに目が覚めた。福島県で震度5弱。原発があると地震のたびに心配になる。原発ゼロにしても、後の処理が大変。

1〜3枚目、「しまなみ海道」で最大の来島海峡大橋。世界初の3連吊橋。両側は小型バイク道も自転車歩行者道も設けられている。自転車の通行料は無料。瀬戸内海を眺めながら、6つの島を渡ると70キロ先は広島の尾道。車で走れば1時間もあればいい。いつか少しは歩いてみたいもの。

ひとつめの島の大島や、ふたつ目の島の伯方島を素通りして3つめの大三島に到着し、大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)に詣った。瀬戸内海の海上交通を牛耳っていた海賊、村上水軍、河野水軍ゆかりの神社。
4〜5枚目、総ヒノキ造りで高さ約12mの大山祇神社の総門。
8枚目の樹齢3000年という「雨乞の楠」は、すでに寿命を全うしているよう。9枚目は天然記念物の大楠。

お詣りした後は紫陽殿と国宝館に。全国の国宝、重文の武具類の8割はここにあるというのだから凄い。
斉明天皇や源義経、源頼朝、木曽義仲などが奉納したという甲や、他にも有名な鎧甲に刀などがずらりと並んでいて圧倒される。
瀬戸内海のこんな小さな島に、何というパワーだろう。そのせいか、頭痛が凄かった。パワースポットに行くと頭痛に襲われることがあり、大山祇神社近くで車を降りた頃から痛くなり、お詣りしている時から国宝館を出るまで頭痛が治まらず、四国旅行でこの時ばかりは鎮痛剤を飲んだ。しかし、滞在した2時間の間、治まらず、離れる頃に治まった。それで写真も少ない。
DSCF9546_RDSCF9547_RDSCF9548_R






DSCF9553_RDSCF9554_RDSCF9560_R







DSCF9555_RDSCF9556_RDSCF9557_R