昨日は最後に行った今治城を載せたけれど、松山空港から最初に行ったのは宇和島城。
1601年、藤堂高虎築城。半分が海に面した海城だったが、今は埋め立てられて平山城になっている。 現在残っている建物は、伊達氏時代に建て替えられた天守。
300年以上、火災や伐採をまぬがれ、巨木や珍しい植物の宝庫となっているとのことだけあって、緑に圧倒された。1枚目、お城への石段。上りに帽子を落としたらしく、帰りに同じ道を辿ったけれど、すでになかった。旅先では気に入りの帽子をよくなくす。日射しが強かったので道の駅で870円の帽子を購入。そんな値段で買えるのだとびっくり。いざという時に助かった。2枚目、大きな井戸。
3枚目、あまりに巨大な武蔵鐙(ムサシアブミ)に仰天。4枚目の武蔵鐙の実も野球のボールのようだった。これがあちこちにあるので、はしゃいでしまったけれど、花の時を見たかった。5枚目、カタツムリもあちこちにいて、これも大きかった。
6〜7枚目、天守。そう大きくはない。8枚目、天守閣のいちばん上からの眺め。
DSCF9352_RDSCF9359_R







DSCF9358_RDSCF9356_RDSCF9360_R







DSCF9367_RDSCF9366_RDSCF9363_R