横浜イングリッシュガーデンも、薔薇から紫陽花へと移行しつつある。
紫陽花のみずみずしいこと。そして、3〜4枚目の京鹿子(キョウガノコ)も、この頃の咲き方がいちばん美しい。
花を訪ね歩く方がいいとはわかっているものの、新しく仕入れた和紙で夏の文香作りをした。花火、蛙、テントウ虫などの柄。静かに過ぎていく時間。
DSCF8126_RDSCF8077_R









DSCF8023_RDSCF8022_R