最近は場所も日付もあちこちになってしまうけれど、今日は大船植物園。
5月になった時から、ハンカチの木、ハンカチの木と気になっていたのに、先々週に行ってみると、花は終わり、1枚目のように、すでに実になっていた。今年は花が見られずがっかり。2枚目は色づきはじめた桑の実。盛んに熟した実を探して食べている男の子がいた。「美味しい?」と聞くと、はにかみながら頷いた。
3〜4枚目、広葉杉(コウヨウザン)。コウヨウスギではなく、コウヨウザンと読むらしい。茶色いのは花。いい時に見られた。葉が出てきていて何とも面白い姿になっている。5枚目は木蓮(マグノリアの交配種)の、花が終わったあとの実。6枚目、紫露草。
7〜8枚目、夏がやって来たことを教えてくれる透百合(スカシユリ)。9枚目、純白のマドンナリリー。10枚目、コスミディウム。
最後の2枚、ブルースター。一気に載せないと、これらの花も終わってしまいそうで。

10日から部屋で八重の山梔子(クチナシ)が咲いている。これは寝室の窓際に置いて、カーテンは鉢のこちら側に引いて、日中、部屋は暗くても、鉢には関係なく日が当たるようにしている。
休む時、寝室に入ると、わずか1輪なのに甘い香りが部屋中に広がっていて驚くと同時に感激する。ウツウツとしていても、とても癒され、幸せな気分で寝入ることができる。ずっとベンダに置いていたので、1輪でこれほど香るものかと驚いた。
今日は次の1輪が開きそう。暗い生活はもう少しだから頑張ってと言ってくれている気がする。ベランダに出せる日が来たら、お礼に、ひとまわり大きな鉢に移してあげたい。うちに来て10年以上は経っている。15年以上になるかもしれない。
DSCF7779_RDSCF7930_R









DSCF7920_RDSCF7921_RDSCF7932_RDSCF7790_R




DSCF7927_RDSCF7926_RDSCF7968_RDSCF7966_R




DSCF7964_RDSCF7963_R