1〜2枚目、わずか5日前に横浜イングリッシュガーデンで咲いていた遅咲きの御殿場桜。
3枚目、山茱萸(サンシュユ)は花が終わり、若葉がこんなに大きくなっていた。山茱萸は花の後に葉が出てくる。
4枚目、関山。セキヤマとここには書いてあったけれど、カンザンとも読み、どちらが正しいかわからないらしい。実に見事な八重桜だ。見惚れてしまう。
染井吉野が咲く前に、多くの品種の桜が咲き、染井吉野が終わっても、遅咲きの桜もたくさんあって、ここでも桜は9月末から5月まで見られ、年に8カ月以上、いつも楽しませてもらっている。昔は桜は3月末から4月までとばかり思っていた。桜のことがわかってくると、桜を見ることができないのは、ほんの4カ月ほど。秋から春まで見ることができる。
父も、友人の何人かも桜咲く中で逝ってしまったというのに、おめでたい入学、卒業の頃に咲く日本の代表的な花ということもあり、桜を見ると、やはり心がなごむ。
DSCF6958_RDSCF6959_RDSCF7007_R




DSCF6953_R