北鎌倉の東慶寺で、寂聴さんが田村俊子賞の記念に植えられた鬱金桜は盛りを過ぎようとしていていた。1週間前の黄緑色ではなく、こんなに染まっていた。鬱金桜は最初が綺麗。徐々に黄緑色が抜けていく。
3〜4枚目、西洋十二単(セイヨウジュウニヒトエ)は、今が真っ盛り。
5枚目、仏殿と背後の竹林。6枚目、先週も写した牡丹咲きの椿。
下段、本堂入口の門とモミジの若葉。
DSCF6890DSCF6889DSCF6897DSCF6894




DSCF6891DSCF6899




DSCF6892