朱色と緑の木々は相性がいい。昨日の続き。1枚目、地主神社。小さい写真は北野天満宮本殿。
半月ほど前だったので、京都はまだほとんど緑だった。今は先日の寒さで一気に紅葉が進んだようで、例年より早く真っ赤に染まったよう。悔しいなあと思い、飛んでいきたい気持。
         ***
今月生まれの読者の男性に恐る恐るバースデーメールをすると、ガンの定期検診も異常なしで、ガンになる前より元気とのことでほっとした。何しろ、末期に近い大腸癌で、腸に穴が開いて、体内に散っていたのを手術したのが20014年の夏。その後、医者の勧める抗ガンなど拒否し、ガン患者達と自然療法で治すと決めて、毎朝、人参ジュースと林檎ジュースを作って飲み、玄米食中心にし、野菜もたくさん食べ、「ガンになっても自分で直せる」と潜在意識を改革して強く思うことで、現在に至っているとのこと。
手術からすでに2年以上経過。異常なしで元気とは素晴らしい。その療法でやれば、余命3カ月と言われた人でも10年は生きていると。彼は肺とリンパ節に転移の可能があるなどと脅されたけれど、影も形もないらしい。
私の方がハラハラしているけれど、元気になる一方のようで、私もいざとなったらゆっくりと治し方を聞こうと心強く思っている。しかし、病気にならなければいいわけで、まずは体温を上げること。私は長く35度台だった体温が夏頃から36度台になっていて、どうしたことかとびっくりしている。免疫力もぐんと上がり、いい兆候だろう。
DSCF4742_RDSCF4757_RDSCF4755_R




DSCF4751_R