千本ゑんま堂の後は千本釈迦堂へ。3〜4回目だろうか。大きなおかめさんの像が出迎えてくれる。
おかめさんは本堂建築の大工(棟梁)の妻。建築の助言をして夫を救い、日本古来の女が前面に出ては恥という文化から、夫の仕事が終わると上棟式を迎える前に自害。ふくよかなおかめさんからは想像できない話がある。
1227年建立の本堂は、当時のまま残る京都市最古の木造建造物で国宝に指定されている。撮影禁止とは書いてなかったので写させてもらった。
最後から2〜3枚目は宝物館の外。中の運慶の弟子、定慶作の六観音像のお顔は実に神々しい。運慶と並ぶ鎌倉時代の仏像彫刻家、快慶作、釈迦「十大弟子」像も10体見られる。迫力の表情だ。仏像好きの人は、是非どうぞ。
最後は受付近くに咲いていた白い山茶花。
DSCF4724_RDSCF4686_RDSCF4690_RDSCF4689_R




DSCF4695_RDSCF4702_RDSCF4697_RDSCF4699_R




DSCF4712_RDSCF4714_RDSCF4721_R