先週の鎌倉、寶戒寺。昨日の写真と似てしまうけれど、白花曼珠沙華は一瞬なので載せておきたくなる。もう終わっているだろう。
新田義貞の鎌倉攻めで滅ぼされた北条執権の屋敷跡に、滅亡した北条家の魂を慰めるために足利尊氏によって建てられたもので、白は源氏の旗印で、神聖な色ともされるので、萩も曼珠沙華も白い色が多い。
上段1枚目、灯籠前の角虎の尾。2枚目、本殿と酔芙蓉。3枚目、斑入り椿の葉4枚目、木瓜の実。
DSCF6249_RDSCF6290_RDSCF6273_RDSCF6280_R
DSCF6295_RDSCF6297_RDSCF6283_R2〜3段目は白萩と白花曼珠沙華。
これから散った萩の花が地面を覆うようになると、それもなかなかの風情になる。
DSCF6266_RDSCF6271_RDSCF6269_RDSCF6291_R




DSCF6304_R4段目、帰りに鶴岡八幡宮の東鳥居へと向かうと、石垣の赤い彼岸花はまだ一分咲き。それでも揚羽蝶が飛びまわり、蜜を吸っていた。今頃、満開か過ぎた頃だろうか。

3日程前までは今日は晴れのはずが、1昨日あたりから雨に変わり、朝から降っている。2〜3日先の天気予報も当たらないことがある。組んでいた予定を取りやめに。