DSCF4117_R5日の京都府立植物園。入って間もなくポツポツ雨が降ってきたので、野草を見て温室に逃げようと思っていたら、ウロウロしていると思われたのか園の人に声を掛けられ、今は笹百合(ササユリ)が咲いているからと案内して下さった。それが1枚目だけれど、傘を差して写したのでボケている。残念。5月30日に開花して、前日の4日に京都新聞にこの笹百合の記事が載ったことを、今になって知った。
DSCF4118_R案内して下さった人は植物園の偉い人ではないかと思い、ネットで調べてみたら写真があり、金子明雄園長だった! 第10代目の園長とのことで、今は代が変わっているかどうかわからないけれど、ああ、やっぱりと思った。品格ある方だった。ありがとうございました。

DSCF4119_R2〜3段目は笹百合の近くの水辺で釣船草(ツリフネソウ)

その後、雨が少し小降りになったのでまたウロウロして4段目の菩提樹の花を見つけて眺めていたら、近くにいた女性がやってきて、葉のところから花序が出ていて珍しいことなど説明してくれた。そうそう、そうだったと改めて眺めた。
DSCF4122_RDSCF4123_RDSCF4124_Rこの写真でもわかると思うけれど、葉裏の中央より集散花序が出ている。先週はまだ咲いていなかったとも言われた。
DSCF3884_R「昨日、法金剛院に行って菩提樹の花を見てきたんですよ」などと話していたら、「詳しいですね」と言われたものの、別れた後、姉に、「詳しい人もいるものね。やっぱり植物ファンだから頻繁に来てるのかしら」などと言うと、「ここの人よ。名札つけてたじゃない」と言われ、アラマと思ってしまった。というわけで、京都府立植物園では、園の人が気楽に話しかけて説明して下さり、感謝感謝。また足を運びます。
4段目の3枚は京都府立植物園の菩提樹だけれど、最後の1枚は13日に載せた法金剛院の菩提樹。