昨日の母の命日に、ベランダで今年初めての山梔子(クチナシ)と朝顔が咲いているのに気づいて驚いた。
山梔子はあちこちで咲いてるけれど、うちではまだつぼみだった。それが水をやろうとすると1輪咲いていて、甘い香りを漂わせていた。
DSCF4427_RDSCF4434_Rその後、南側のベランダでは、朝顔が隠れるようにひっそりと咲いていて、これにも驚いた。母のために咲いてくれたのだと思った。それとも、母が私のために咲かせてくれたのだろうか。
白と紫と、何と高貴なことだろう。
             *****
DSCF3895_RDSCF3892_RDSCF3894_RDSCF3893_R




DSCF3913_RDSCF3919_RDSCF3938_R上段、4日、仁和寺の仁王門。仁王門の奥に見えるのは中門。
2段目、御殿より、緑と五重塔。
DSCF3946_RDSCF3909_R3段目左、白書院前の南庭より宸殿。右、勅使門。
ともかく暑い日だった。
法金剛院からは妙心寺まで100メートルほどと近く、明るい人達のいる大心院や、今盛りの沙羅双樹こと夏椿で有名な東林院あり、水琴窟のある退蔵院ありと、行ってみたい気もしたけれど、久々に仁和寺にということになった。
暑さのせいで遠く感じたけれど、帰ってから地図を見たら、妙心寺脇を通って行った方が近道だったとわかった。だいぶ遠回りしてしまったよう。仁和寺は記憶と感じが違っていた。
昔は京都中をよくまわったなあと、今になって感心している。