DSCF9490_RDSCF9492_RDSCF9491_R




4日、京都府立植物園で、蕗の薹(フキノトウ)。
前日と前々日が汗ばむほどだったので、顔を出したのだろうか。けれど、この日も翌日も雪。
蕗の薹も、何という温度差だと呆れているだろう。
今冬は寒いと予想されていたのに何ということはないなと思っていたら、予報が当たった。
それでも、来月は3月だと思うと、春は近い。春は花がどんどん咲き出すので落ち着かなくなる。
DSCF9759_RDSCF9754_R
昨日、ベランダのクリスマスローズ、「ピンクラッフル」が初めて咲いて嬉しかった。
横浜イングリッシュガーデンで去年の春かその前に戴いたもの。クリスマスローズは育てたことがなく、どうなるか不安だった。
1昨日はこの鉢も雪を被っていたのに、昨日は雪も溶け、薄桃色の花を咲かせてくれた。寒さに強い花だ。
花が咲いたと言っても、花びらのように見える大きいのは萼で、花は退化して蜜腺になっている。
黄色い雄しべと雌しべの外側にあり、薄いピンクの大きな萼片の手前になる。黒っぽい小さなものが、花びらが退化した蜜腺。わかるだろうか。花は不思議で面白い。