21日、昼前から3時間ばかり鎌倉散歩。運動不足が気になってならず。
今まで辿ったことがなかった祇園山ハイキングコースはショートコースで45分というので、よし、ここだと思った。
DSCF7029_RDSCF7030_RDSCF7035_RDSCF7036_R

DSCF7031_RDSCF7033_R


しかし、この散歩を安易に考え、大失敗。
八雲神社は鎌倉最古の厄除け神社。
手玉石は力石といわれることも。各地の神社に置いてあったり。
新羅三郎(しんらさぶろう)は源頼義の三男、 源義光のこと。
3段目の八雲神社本殿脇の石段のところに、ハイキングコースの道標。
DSCF7041_RDSCF7040_RDSCF7042_R今まで気づかなかった。石段を登り切ったところで、さらに左に曲がって上る石段を見て心細くなり、引き返そうと思って立ち止まっていたら、子供がふたり登ってきたので、よし、頑張ろうと進んだのが大失敗。私は祇園山山頂に向かったけれど、後についてくるものはなく、人影なし。3枚目が狭い山頂。ここで蛇が目の前に現れ、固まった。むろん今年初めての蛇。
誰か来たら一緒に動こうと待ったのに、誰も来ない。じっとしていても時間が経つばかりで進むしかなくなった。前日、鎌倉は大雨だったというのを知らなかった。道は滑り、悪路。引き返すわけにもいかないものの、進むのも恐い初めての道。先がわからないのは恐怖だ。散歩を気楽に楽しむつもりが、蛇を見た恐怖心は抜けず、足場の悪い道を上ったり下ったりの繰り返し。道中、写真を撮る余裕はなかった。
DSCF7046_RDSCF7045_R2度とここは歩きたくないと後悔。全身汗。
人家が見えてきたとほっとしたのも束の間、またも上ったり下ったり。
手軽なコースと書いてあったけれど、とんでもなかった。
帰宅して調べたら、やはり、こんなはずじゃなかったという人のコメントがあった。
ハイキングの最終目的は「北条高時腹切りやぐら」だった。
4段目、これかなと思って写したけれど、ここを下ったところだった。
腹切りやぐらは明日に。