DSCF0063_R福岡の写真はまたにして、今日は帰宅して驚いた浦島草(ウラシマソウ)の成長の速さ。
ええっ!!! と声を上げてしまった。
9日に発芽に気づき、それは10日に載せた。
1枚目は芽が出て2日目。

下の1枚目と2枚目は、15日の浦島草。
早くも黒い紐のような付属体が現れた。
毎年見ているのに、実に摩訶不思議な植物。
3枚目は16日のもの。発芽して1週間でこんなに成長。
DSCF0183_RDSCF0199_RDSCF0219_R






DSCF0227_R

左は17日の浦島草。
葉が開き始めた。

それが18日に帰省して20日に帰宅したら下のようになっていたのだから、ウッソ〜と言うほど驚いた。
上の状態の赤ちゃんが、3日で成人したという感じ。
それでも、まだ20歳という感じで若々しい。これから恐いというほど雄々しくなっていく。
葉も状態がよく、くるりとまわっている葉の数が13枚とか14枚とか。
若葉は数が少なく、仏炎苞も出ない。
下の中2枚の仏炎苞は、浦島太郎の釣り糸に見立てられる吊り糸のような付属体にまだ絡みついている。
仏炎苞は、仏像の後ろの光背に見立てられている。
仏炎苞これからどんどん広がっていく。
DSCF0388_RDSCF0392_RDSCF0389_RDSCF0391_R






帰宅すると宅急便の再配達の連絡やら、メール、手紙の返信やら、慌ただしいこと。
わずか3日留守にしただけで、翌日は半日以上、雑用の時間になる。
しばらく花見はベランダから。
あちこちがピンク色に染まっている。
この陽気では、すぐに葉桜になりそう。