DSCF9617_R16日の横浜イングリッシュガーデンでクロッカス。
地面から顔を出したクロッカスは小さいので、さっさと歩いていては気づかないことも。
今はその日より賑やかに、沢山の花が顔を出しているだろう。
地面からそっと顔を出す花は、福寿草もそうだけれど、春が近くなってきたことを知らせてくれるので、花の少ないこの時期には嬉しい。
DSCF9618_R我が家では秋に咲く杜鵑(ホトトギス)が<
冬場はすっかり消えてしまったものの、それはほんのひとときで、すぐにたくさんの新芽が出てきた。
植物はたくましい。
うちの杜鵑は千葉のマンションにいたときからのもので、10年以上続いている。
琉球朝顔の蔓もどんどん伸びていて、もう少し暖かくなるまで伸びるのを待ってと言いたいほど。
DSCF9619_R薔薇も剪定は2月なので、初旬に切った。
なかなか大胆には切れない。それでも、たくさん葉が出てきたる
植物の成長は順調なのに、仕事は相変わらずノロノロ。
進むだけいいと思わなければ。
今日は春に向かう雨。仕事びより。