DSCF9475_R11日の北鎌倉、浄智寺で蝋梅(ロウバイ)。
素心蝋梅(ソシンロウバイ)はすでに載せたけれど、蝋梅は今冬初めてでは。
蝋細工のような花の中に、暗紫色の花びらがあるのが蝋梅。
中の黒っぽい花びらのない黄色いだけの、一番下の写真が素心蝋梅。
これも浄智寺で。
DSCF9474_R落花していたものも綺麗。
花の少ない季節に咲き出す花は、とても喜びを与えてくれる。
もう少しすると、一気にたくさんの花が咲き出すので、写しても写しても写しきれないほどで、載せるのも大変。嬉しい悲鳴ということに。

DSCF9477_R昨日は、また鎌倉を存分に歩こうかと思ったものの、日は照っていても風の冷たいこと。
これは大変だと、取りやめ。あまり風が冷たいと耳をやられて気分が悪くなる。
11日の鎌倉散歩は天気に恵まれ、本当に最高だった。
福寿草に満作に、黄色い花が多いので、毎日、黄色が続いてもどうかと、昨日、黒椿を挟んで、今日の蝋梅にした。
DSCF9476_Rこの季節、菜の花、クロッカス、黄水仙と黄色い花が多い。

15日、ロシア南部に落下した隕石は、秒速18キロで大気圏に突入し、その爆発で広島に投下された原爆の30倍以上のエネルギーが放出されたらしい。
何と凄まじいことかと驚いた。そんなものが突然落ちてきたら逃げ場はない。
DSCF9460_Rかつて小惑星が地球に衝突して、火災や塵埃で太陽光が遮られて気温が下がり、恐竜も滅びたと言われている。今の時代、恐竜はいなくなったものの、人間が犇めいている。人類が滅亡する危機がある。これは大袈裟ではない気がする。というのも、今回の隕石落下は事前にわからなかったし、予想できないということ。原子力発電所などに落ちたらどうするのだろう。やはり、危険な原発は早期になくさなくてはと思ってしまった。