DSCF2975_R昨日の横浜イングリッシュガーデン。
本当は鎌倉に行きたかったけれど、雨が降ってくるようで、近くのガーデンにと思い、それでも出る時間が昼前に。何と、外に出ると霧雨に。まあいいかと思って出かけたけれど、だんだん本降りになってしまった。

DSCF2940_R雨の中で小さめの傘を差して写したので、写しにくいこと。それでも、雨のおかげか人が少なく、やってきてもすぐにいなくなるので、ほぼガーデン独り占めの感じだった。
まるで花屋さんの店先のよう。
5日ぶりに行くと、百合が最高だった。
DSCF2941_R
わ〜〜、凄いと、傘は肩で支え、バッグは左腕、カメラは右手で、何ともぎこちない格好で写すことに。
5日前は、これほど咲いていなかったし、また5日後に行くと、すっかり様子が変わっていることだろう。
DSCF2934_R
ともかく、百合は今が一番の見頃ではないかと思った。
鮮やかな彩りもいいけれど、そういう百合を見た後は、白百合にもほっとした。

DSCF2936_R最後の写真は、ここまで咲いているので、百合もそろそろ最後のようだとわかる。
雨が降ってきたものの、見られてよかった。
行くたびに感動。
鎌倉の花も気になる。
昨日もへとへとに疲れていたけれど、少し元気になってきた。やはり、たっぷりと休養しないと体が持たなくなってきた。ほとんど部屋の中で過ごす24時間なので、もっと頻繁に自然の中で英気を養いたい。
これから横浜イングリッシュガーデンから始まる作品の「野生時代」のゲラの朱入れ。