DSCF11948日、神奈川県伊勢原市の大山、「こま参道」で、椿の生け垣と落ち椿と諸葛菜(ショカッサイ)。こま参道の「こま」は「独楽」。大山こまは、大山信仰の縁起物とか。
こま参道は384段の石段。ひとつの石段のフロアごとに、数字が絵のこまで表されている。両脇には土産物店が並んでいる。

DSCF1195こま参道で、ちょっとした生け垣の隙間に唐子咲きの椿を発見。少し黒いものが入ってしまっているけれど、卜半(ぼくはん)は好きなので。
花びらが赤く芯が白いこの椿のようなものを月光(がっこう)椿とも。


DSCF1205_R大山の麓で、やや遅い昼食。その店の前に鉢植えの黒椿があった。残念ながら、咲いていた花は傷がついていたので、つぼみの方を。これから大山桜を見に行くことになる。
さて、クモ膜下の友人、転院して元気にリハビリ中。環境がよくて食も進んでいるとのことで嬉しい。息子さんから代理のメールを戴き、近々、行ってみることに。季節も良くなってきたし、外にも出られるようになるといいけれど。