e19218ae.jpg薊(アザミ)。アメリカ鬼薊ではないだろうか。
昨日は1時前に部屋を出て、2時からの官能講座に。暑いので、地上に出ないようにして、東京駅からは地下鉄で大手町に。涼しければ10分ぐらい歩くけれど、炎天下に慣れていないので、丸ノ内線を使うことにした。
大手町の産経新聞社は迷路のようだった。5時まで深志美由紀さんと館淳一氏が講師。4回の講座の最終回。また来年の夏だ。
終わって2次会は中華料理。知り合いの物書き、編集者達も多く、賑やかに9時まで話した。
3次会は新宿に誘われたけれど、最近の体調を考え、大事にしなければと、せわしない気もして、そこで抜けた。みんな元気だ。
最近は、若い人達が多く出てきて頑張っている。中高生から私の本を読んでいたという人も、今、官能作家になっているのだから、感慨深い。私より、うんと未来のある人達だ。