7e8e7c02.jpg昨日、北鎌倉の浄智寺を出たところで渦紫陽花(ウズアジサイ)。お多福紫陽花とも。好きな紫陽花。これから色づいていく。でも、こんな薄い色のときもいい。
実は、鎌倉は岩煙草(イワタバコ)が最高の時で、ヤッタァ! と声を上げたいほどだった。「今です。今、見に行ける人は行って下さい」と言いたい。どの寺にも咲いていたけれど、やはり東慶寺の岸壁に、びっしりと咲いている景色が最高。
1昨日の夜にはでき上がっていた写真を、まだ取りに行っていないし、ケイタイで撮ったものは今ひとつで、今日の掲載はやめてしまった。昨日は外に出なかったので、今日は取りに行きたいもの。
円覚寺の黄梅院の花筏(ハナイカダ)の実も見ごろだった。誰ひとり気づく人はいなかったけれど……。
明月院では夏椿(日本ではシャラというけれど)も咲きはじめていたし、これは朝に咲いて夕方には散ってしまう一日花なので、咲き終わる前に、また見にいきたいもの。北鎌倉は、建長寺以外には夏椿が植えてある。夏椿といえば、京都の東林院が有名だけれど、なぜか、いつもその時期は他ばかりまわってしまい、まだお目に掛かったことがない。
花がどんどん咲いて終わってしまうと思うと、焦ること、焦ること……。仕事も焦らないと見に行けない。