1a44dbe8.jpg1から2分後の、今日の時計草。
雄しべが、さらにふたつひっくり返り、上を向いているのはひとつとなった。
雌しべは3本に分かれている茶色いもの。
その3本の付け根の白い丸いものが、子房。
糸状のものが、副花冠。
この写真ではわかりづらいけれど、一番外側の、やや青みを帯びているように見えなくもないのが萼片5枚で、そのやや内側の白いのが花弁、5枚。