ff889203.jpg数日前、我が家の烏柄杓(カラスビシャク)に珠芽(しゅが)がついているのを発見。珠芽とはムカゴのこと。
浦島草の鉢に、近所の高校の植え込みから引き抜いてきた烏柄杓を植えてみたのは5月10日のこと。3カ月半の間にしっかりと成長を続けていたようで、今月になって大きな葉がたくさん伸びてきた。そして、ムカゴもついた。
来春顔を出す浦島草の栄養をとられたら大変と、昨日、烏柄杓を抜いて植え替えた。烏柄杓の生命力もたいしたものだ。
近くの高校の烏柄杓は通るたびに楽しみにしているのに、毎年、草取りのときに、すべて抜かれてしまうので、いつも消えてしまうのではないかと心配。けれど、春先から雨期にかけて、勢いよく伸びてきてホッとする。来年もうちで楽しめそう。