86afe65f.jpgまずは熱海に着くと、改札で待ち合わせていた切子作家の女性H女史、官能作家の霧原一輝氏とMOA美術館へ。尾形光琳の国宝 紅白梅図屏風は素晴らしかった。太閤の黄金の茶室を最初に見たけれど、そこにいたガイド兼警備のような女性に、H女史、開口一番「これ全部でいくらぐらいするんですか?」には、笑ってしまった。諸記録に基づいた忠実な復元ということだ。
今日の写真は、昨日の夕食時、芸者さんの踊り。
この後、階を移動してカラオケタイム。23時まで。
部屋に戻っても、知り合い達の部屋に移って、また飲みながら話したり、私は眠いのに、とうとう午前2時までつき合い、今朝は7時前に起きて屋上露天風呂に浸かり、朝食。
今回の旅行に参加した総勢17名の文芸家クラブ員は、10時前に解散し、私を含め男女3人ずつの6人は秘宝館へ。秘宝館と言えば、わかる人はわかるだろう(笑)。1時間ぐらい滞在したのだろうか。
熱海から、なぜか全員藤沢で下車して、睦月影郎氏の睦月堂に寄り、コーヒーと食事タイム。睦月さんの仕事部屋など久々にみんなでお邪魔して、やっと帰途に。
楽しい2日間だった。