1843dc35.jpg下の写真の早乙女さんのアップ。
昨日は北鎌倉から鎌倉に行き、すぐに江ノ電に乗って長谷へ。光則寺と長谷寺の花を見たかったこともあるけれど、長谷に住んでいらした早乙女さんが庭のようなものだとおっしゃっていたところを歩きたかった。ここにも早乙女さんはよくいらしただろうなと思いながら歩いた。
長谷寺に入ると、ほぼ正面の濃いピンクの河津桜が満開で、息を呑んだ。鎌倉中、もう春が一杯という花の咲きようで驚いた。
早い遅いはあるけれど、きれいに見られたのが、紅白の梅、三椏(ミツマタタ)、沈丁花、素心蝋梅(ソシンロウバイ)、満作(マンサク)、山茱萸(サンシュユ)、椿各種、福寿草、木瓜(ボケ)、水仙など。
春は一気にやってくる。これから花を見に行きたくてウズウズする季節。
それにしても気温の差が凄まじい。初夏から、また冬にという感じ。朝起きると喉が痛かったので、風邪を引くと危ないと思ってハラハラ。
今月は後10日しかない! 月末締切と言われても28日の月は大変だ。明日までに月末締切の1編を終えて、新聞連載を数日分書いて、それからやっと、もう1編の月末締切開始になる。