394ad648.jpg昨日の京都の写真より、さらに遡って、先月9日の福岡の大手門あたりの堀の睡蓮。
前に同じ時に撮ったものを載せたけれど。
今ごろ堀は蓮の花がみごとだろう。
けれど、この場所だけは睡蓮のみ。
福岡の知り合いふたりから、蓮と睡蓮の区別がわからないという手紙が。
あれま、睡蓮は水面すれすれの所に葉が浮いていて、花もこの写真のように水面近くで咲くのが一般的。
蓮は花も大きいし、うんと水面から伸びた上の方で咲く。
秋には地下茎の先が肥大して、大好きな蓮根になる。
そんなことを書いて返した。