a724f698.jpg昨日の忍野八海、榛(ハン)の木林資料館の一角。
この辺りは、どこを歩いても桜のピンクと連翹の黄色だった。
この資料館は、徳川時代のもので、村に現存する最古の民家とか。
庭園の一角に忍野八海のひとつ「底抜池(そこなしいけ)」がある。
八海のうち、七つを見てきたけれど、澄み切った水には感嘆するのみだった。