61893812.jpg鎌倉五山第4位浄智寺山門とススキ。

昨日は完全ダウンで1日寝ていただけに、今日から11月の9日までは相当頑張らないと、締切に間に合わなくなったら大変だ。
こんな時に限って、新聞連載の400枚近い長編の原稿も年末進行で4日までに送ってくれないかとのメール。真っ青。
読むだけで半日はかかる。手を入れるとなると1日だ。
短篇だけでもどうしようと思っているのに。
今朝は起きたときは5.5度しかなかったけれど、9時には36度まで体温も上がり、何とかやれそう。
これではまるで変温動物だ。
少し余裕があると思っていても、こんなことがあると、途端にスケジュールが狂ってしまう。
余裕があると思って、28日は午後から江の島に行った。
江の島には行ったことがあるのに、江の島岩屋があるのは知らなかった。
岩屋に入って最初は異常はなかったけれど、第一岩屋の二股に別れている右の奥に続く岩屋に足を踏み入れた途端、頭が壊れそうになった。
発狂する寸前の感じ。
これはまずいと、右の奥には入らずに、第二岩屋に向かった。
第一岩屋の右奥には、私は入れない。完全に頭をやられると判明。
霊感のある人が、何かのエネルギーを感じたら頭痛がしたり気分が悪くなったりするようだけれど、それに似ているのかなと思ったり。
それを引っ張ってきて、昨日は身体のバランスが壊れてしまったのかと、ふっと思ったり。
急に血圧が上がって耐えられないような頭痛と吐き気に見舞われたのは、前回は8月9日。その前は去年の10月5日。
3度目なので最初より余裕があるといっても、気分の悪さは死ぬような予感があるほどなで大変。
自分の足では病院まで行けないし、かといって救急車を呼ぶのはいやだしというところ。
さて、今のうちに仕事しないと。