88094158.jpg近所の川縁の屁糞葛(ヘクソカズラ)の花と実。
私は可愛いと思うけれど、可哀想な名前だ。
別名、早乙女花や灸花(ヤイトバナ)のほうがいいかもしれない。

昨日載せたブログの写真を見てびっくり。
後のほうのもの、箱根本宮神社の屋根と鳥居の周囲が、後光が射したように丸く光っているように見える。
誰が写してもこうなるのか……。
焼けばこうなるものか……。
勝手に、神社から出ているオーラは凄い! と思うことにした。

今日から沢登みよじ女史も出品している東京展が、上野の東京美術館で。
24日からは知り合いの書家が鎌倉で展示会。
行きたいけれど時間を作れるかどうか。

新宿の行きつけの呉服屋からは、店舗改装で安く反物を出しているから来てくれと、先月から何度も電話。昨夜も電話。
忙しいと言っているのに、そろそろぶち切れるゾ! という心境。
私が怒鳴ったら凄いし最後だから、まだ辛うじて我慢しているけれど。

今日は短編連載の続きを考えて書き始めないと。