5a4ad678.jpg23日の文芸家クラブパーティの写真で、自分の写っているものでは、これがいちばんのお気に入り。
私はいつも、写真を撮るので、撮った人には送ってあげることになるけれど、今回、せいぜい7〜8人だろうと思っていたら、ナナナント、21人。
いっしょに5人が写っていれば、1回シャッターを押しただけで、5人に送らないといけなくなる。シャッターを押した回数より、やけに送る人が多くなるわけだ。
写真だけ入れて送るわけにもいかず、一筆書いて。
さんざん時間がかかってしまった。
そんなこんなで、すぐに年間に書く手紙が1千通を突破してしまうんだよなあ。


昨日、その写真が出来て、すぐに焼き増しするのに、写真屋さんの入っているスーパの2階の長椅子で枚数を書いて出した。
帰ったら眼鏡がない。
いくらバッグを探してもないので、フィルムに書き込むときに忘れたのだと思った。
焼き増しが出来上がる頃にスーパーに行き、「1時間ほど前、眼鏡の落とし物が届いていませんか」と尋ねると、まだとのこと。
戻ってこないかなとがっくりしながら「一応、2階を見てきます」と、長椅子のところに行ってみたけれど、やっぱりない。
出てこないなと思いながらエスカレーターに乗って降りてくるとき、バッグを開くと、何と、眼鏡が!
ヒャ〜と汗。
あれほど探したのに、どうしてなかったのかと不思議。
サービスカウンターに行き「ありました」と、いかにも椅子に置いてあったような口ぶりの私。
「よかったですね」と言われ、汗。
最近は大ボケ続き。

明日締切のエッセイを大急ぎで書いたので、これから郵便局。